チネイザン(氣内臓療法)/ Chi Nei Tsang

内臓と感情には、密接な関係があるのをご存知ですか?

お腹は正直だなあと思います。

お腹が、それぞれの臓器が、伝える本当の気持ち、そこに触れ、

耳を傾けることで自分への信頼感がより高まっていく。

チネイザンセッション(セルフケアも含めて)は、そんな時間を

もつことだと思っています。

もちろん、お腹に優しく深く触れられると、もうそれだけで

ただただ気持ち良い。

何かに気づく時間を一緒に共有できたらうれしいです。

  

 2020年モニターセッション

 「チネイザン&ハーブボールの温め」

  1セッション 約90分 9000円 

  ハーブボールの温めと香りによる至福感を、

  チネイザンとともにご体験いただきたくて設定しました。

 

  ハーブボールをからだへ当てていく時間は約15分程度となります。

  主にお腹、もしくはデコルテ周りへのアプローチを考えていますが、

  他にご要望があればご相談ください。

​  ご予約受付日はトップページをご確認くださいませ。

  ※通常は日本チネイザン協会の規定料金、 

   1セッション75分12,000円とさせていただいています。

   5セッション(パッケージ)の場合は50,000円となります。 

●チネイザンについて

 チネイザンは氣内臓療法と呼ばれ、古くからタオ(道教)*に伝わる

 気功法のひとつ。

 お臍を中心にお腹全体に働きかけることで、

 内臓の緊張が解け、

 血流を促し、

 結果、腹腔内にスペースができ、

​ 全身が内側からの開放感であったり、リラックスした感覚へと導いていく・・

 また、心や感情にも作用して深い癒しや気づきをもたらしてくれる、

 そんなボディワークです。

   

 文化大革命などの影響で歴史から消え去ろうとしていたテクニックですが、

 タオの世界的権威である謝明徳老師(マンタックチア師)が現代医学を

 取り入れて再生したものです。

 〈タオTao〉

  人間を自然の一部ととらえ、万物と調和しようとする生き方の智慧。

  神仙術、陰陽道、老荘思想、東洋医学などを結合したもの。

 

●ペースについて

 一度だけでも変化や効果を感じることはもちろんありますが、

 初めての方には、5回続けて受けていただくことをおすすめしています。

 週1ペースで5回お受けいただくのが理想的です。

 その後は、ご自身のペースで。

 ※5回継続して受けていただくことにより、

  基本的な部分(大腸、小腸、脾臓、肝臓、腎臓、心臓、肺など)への

  アプローチを網羅することができ、全体のバランスがより整ってくるためです。

●注意事項

 チネイザンは、数千年にわたり伝統的に用いられてきた施術法で、

 その有効性、安全性は歴史的に確認されていますが、

 医師の診断や治療に代わるものではありません。

 激しい腹痛、腹部大動脈瘤、卵巣膿腫、子宮筋腫、悪性腫瘍などの疾患を

 お持ちの方、もしくはその可能性がある方、現在治療中の病気がある方は、

 事前に必ずかかりつけの医師の許可を得てください。

© 2016 by Huaro Herbs  Proudly created with Wix.com

  • s-facebook
  • Twitter Metallic